「出稼ぎで開ける未来~いざ風俗業界へ~」前編

地方都市の仕事は限定されている

現代の日本人の生き方は、大きく3つに別れていると言っても過言ではない。

    1、 自分の生まれ育った場所を離れず、土着的に生きていく人
    2、 自分の生まれ育った場所を離れ、異なる場所で生きていく人
    3、 1つの場所に長く定住、定着せず、遊牧民(ノマド)的に生きていく人

本来、1番平和で穏やかな生き方なのは、①であることに誰も異存はないだろう。
両親の近くで、慣れ親しんだ町で就職をし、そこで家族を作り、子供を育て、生涯、同じ方言を口にして生きていく―――。
ところが残念なことに、小規模都市には多くの若者を受容するだけの「職場」と「職業」が存在しない。


地元の働き口は銀行や農協、役所、一部商業施設や地域に根付いた一部メーカーなどに限定されており、限られた優良な就職は、いまだに「コネクション」がないと無理―――
なんて状況は珍しくもないのだ。


つまり、そういう「背景」を持たぬ青年たちには、「地元で生涯生きる」という選択肢はほぼないに等しく……
大学や高校を卒業後は、必然的に福岡、大阪、名古屋、東京、仙台、札幌等、思い思いの大都市へと出て行くことになる。



いや、何もそれは青年だけではなく、地元で職を失って再出発をはかろうとする中年男性にもあてはまる構図であろう。
大都市が大都市たる所以は、何もビルが多いことだけではない。
多くの人の夢や人生を支えるだけの「受け皿」の数が、東京や大阪は、地方都市より圧倒的に多いのだ。

とはいえ、これは地方から都市を目指そうとする、特に「中途組」の方々には少し酷な現実かもしれないが、実は東京や大阪の「転職先」となる企業の大部分は、ブラック企業だと考えておいた方が無難であろう。




以降、都市部においての20~40代の転職の実態を良く知る、某人材スカウト関連企業に勤めるA氏に話を聞いてみよう。

売り手市場なのは若者だけで、30歳を超えると現実は悲惨

ライター『現状、働き盛り世代の再就職の現実はどんな感じですか?』

A氏『20代中盤までくらいの人には、そこそこ空前の「売り手市場」ですよ。
1人あたり5~6社、優良な企業、良好な職場環境や待遇を提供できていますから。
ただ、少し年齢層が上がると、状況は一気に悪化してしまいますね。』



ライター『それはつまり、30~40代の転職は困難ということですか?』

A氏『50代のまともな転職はかなりは絶望的ですが……
30~40代は、そこまで悲惨でもないですね。
タイミングの良し悪しが大きいし、一概に中途組全てが厳しいとも言い切れないんですが……

ただね、例えば30代で車の運転免許しか資格を持たない「元営業」の方とかが、営業として再出発したくてうちに相談に来られるとするじゃないですか?
で、うちが紹介できる案件を示すと、大半の方が

「ああ……やっぱりそことそこですか……。そこなら別に、自分で応募しても入れますね……」

って言いますよね。』



ライター『……というと?』

A氏『つまり営業として過酷で有名であったり、離職率が高かったり、営業を使い捨てにするような企業の多くが、敢えて「中年の中途組」を標的にしてるんですよ。
早朝から深夜まで、丁稚奉公のように新人を扱う某建託系企業とか、新人の親族の保険加入を目的に、熱心に勧誘する某保険系企業とかね。
何でも保険会社のマネージャーには、1人新人を就職させるごとに「歩合給」が発生するらしいですから(笑)』

ライター『それは酷いですね……。』



A氏『無論、そんな企業ばかりではないですが、基本、優良な企業が欲しがるのは若者ですから。
資格のない中年の方々がたどり着く転職先が、週休2日制で残業も少なくて、生涯雇用として扱ってくれて、その上、歳相応の年収をくれる……なんてケースはほぼ絶無に等しい。

人間らしい生活を求めるなら「紹介派遣」を求めての「派遣登録」って手も、あるにはありますが……。』



ライター『派遣会社を通すと職の質は変わるんですか?』

A氏『変わりますね。独自のルートで良質な企業を紹介する傾向が強いので、求人サイトで探すより、格段にホワイト企業が多い。
ただね、派遣会社を通すと当然「中抜き」が発生しますので、とにかく給与が落ちるんですよ。
40代で妻子有でも年収200万円代とか、月の手取りが15万円とかね(笑)』



ライター『さすがにそれじゃあ満足に家族を養えないですね……。
ちなみにそんな状況は全国的なものですか?』

A氏『東京はご存知の通り、「五輪特需」の分、まだマシでしょうね。
それ以外の地域はどこも似たりよったりです。
あ、ただね、例外的に、中年の中途社員でも物凄く厚遇してくれる業界もあるんですよ。』



ライター『それはどんな業界ですか??』

A氏『慢性的に真面目な人を求めるナイト業界……いわゆる「風俗」の業界です。




続く・・・