「出稼ぎで開ける未来~いざ風俗業界へ~」後編

前回の記事の続きです。

出稼ぐために必要な環境はほぼ全て整えてくれる業界

           

転職が困難な地方から、期待に胸を膨らませて闇雲に大都市に出てきたとしても、A氏の言うような状況では人生の好転は難しい。
ただ、風俗業界に関しては意外な厚遇を得られる可能性が高いのだという。

以下がその理由だそうだ。

    1、 イメージの良い業界ではないので、そもそもまともな人材が集まりにくく、門を叩くやる気ある人は、厚遇を持って迎える傾向がある。
    2、 風俗業界は普遍的な業界なので、1度軌道に乗った店舗や大手チェーンなどは、数十年安定経営を続けるケースが多く、相応の資金力がある。
    3、 業界はこの10年で劇的に改革、浄化がなされており、どの店舗も一般企業と大差ない「体制」と「態勢」を整えている。
    4、 そして今後もイメージアップをはかり続ける上で、良い人材を良い待遇で留めておく必要性が高い。

地方から身1つで大都市に出てきたあなたに必要なのは、当面暮らす住まいや家財道具、社会保険、そして何よりもまとまった収入であろう。
現代の風俗業界には、それらを全て完備している店舗が数多く存在しており、まさに、再出発にうってつけと言える。

ということで、再び、A氏に補足してもらうことにしよう。



A氏『風俗業界というのはイメージ先行で「ブラック」と思われがちですが、万人にできることじゃない風俗嬢とは異なり、男性の業務は意外に「普通」なんですよ。
何せ主な仕事は受付や電話応対、運転に人の管理ですからね。』

ライター『それは殆ど、普通の企業の職務内容と同じですね。』

A氏『それに、ローテーション制とはいえきちんと休みももらえて自分の時間も取れ、何より給与が悪くないんです。
僕の知り合いに某風俗チェーンに入社して5年の35歳が居るんですが、今では年収1500万円を稼ぐ支配人ですからね。』

ライター『それはまた凄い!』

A氏『そう、本当に夢のある業界なんです。
30歳以上の転職・中途組がそこまで豊かな人生を、尋常じゃなくブラックな道のりを通らずに手に入れられる可能性がある業界は、正直殆どありません。
飛び込む側が偏見さえ捨ててくれれば、実はイチオシの業界なんですがね。』




地方の青年、中年男性の夢や希望を受け止めるべき出稼ぎ先、大都市。

ただ、「そこに出れば何とかなる」という時代はとうの昔に終わっており、現代の出稼ぎには、「明確なビジョン」と「情報収集」が求められると言える。
ちっぽけな偏見を捨てられる、思考が柔軟な人間になれるかどうか――――。


それこそが、まさに「運命の分かれ道」なのであろう。
最後に、A氏の言葉でこの記事を〆ることにしよう。

「生き方が定まってない人にだけ、サクセスストーリーは起こるんですよ」




追記・・・

この記事を読んで気になった方は、ぜひこのサイトを見てみて欲しい。
>>東京都の高収入!風俗男性求人はFENIXJOB